旦那「昔のことをいつまでも気にすんな!」私「実は私も仕返しに浮気したんだけどね」旦那「!?」

旦那の元不輪相手と17年間ご近所さんだったものです。
いつか報告すると言いながら…
まだ数日しかたっていないのに黒い過去になったのと
長年無駄に溜め込んだ黒い物を吐き出したくて
このスレを使わせてもらいに来ました。
自分語りなのとかなり長いので面倒な方は読み飛ばして下さいね。
若干ぼかしていたのでズレがあるけど、
下の子は春から大学生で上の子は就職しています。
下の子は飛行機の距離の私の実家から大学へ、
上の子は都会暮らしを楽しんでいます。
私は離婚して実家へ。
今両親と下の子と一緒に住んでいます。
最後の賭けだったんだけど、
旦那にこれまでのあの女とのバトルを話して、
引っ越しの話し合いをしてみました。(車で1時間くらいの距離に)
結果は逆切れ状態で
「昔の事をいつまでも気にする方が可笑しい。」
との事だったので私が仕返しにした過去の浮気もバラして
「実はお互い様でした」と旦那にも米青神的ダメージを負ってもらい離婚しました。
旦那の対応次第では、
離婚もバカ女への復習も思い留まる気持ちもあったけど、
思い留まらなくて良かったって今は思っています。
私としては、準備していた引っ越しの行き先が変わっただけでした。
すっきり気分で両親や息子と穏やかに暮らしています。
ニヤニヤが止まりません。
まず、仲の良かったママさんに離婚のいきさつとお別れの挨拶を…。
二人の間の見えないバチバチをうすうす感じ取っていたママさん…。
「そうだったの!あの時も!あの時も?あの女――!」
と怒り狂ってくれた後で
「よく我慢してたね」って泣いてくれました。
二人でしばらく泣きました。
怒りくるったママさんが、
バカ女を徹底的にこらしめてやると言ってくれましたが、
ママさんの方に迷惑がかかってしまう事になりそうな勢いだったので、
お別れの挨拶もせずに居なくなった私の事を聞かれたら
「バカ女のためにノイローゼになった」から。と、
説明しておいてくれるようにだけお願いしておきました。
他のママさん達には電話で、離婚と急な引っ越し、
体調を崩して挨拶もできずに申し訳なかった事をお伝えしました。
理由を聞かれたので「まあ、色々と言えない事もあるから」と言っておきました。
怒り狂っているママさんに
「仲の良かったあなたなら何か知ってるわよね?」と
ガンガン電話が掛かってきているそうです。
一人一人に同じ話しをするのも疲れたから、近々女子会を開くそうです。
ママさんありがとう。
ポスティングはやめました。
でもバカ女の旦那実家へはバカ女の家よりも近いので、
お別れのご挨拶へきちんと行ってきました。
何故かと聞かれたので、
離婚と引っ越しだと答えると、離婚理由まで聞かれました。
旦那との子供まで降ろした元不輪相手と、
ずっと近所で過ごしてきた事に疲れたから。
と説明したら、ものすごく同情してくれました。
「もうとっくに昔の事なのに、
あの女の人やそのお子さんをお見かけすると辛くて…
主人の子なのでは?今でもまだ?と、
どうしても疑ってしまって…疲れてしまいました。」
と、マヤっておきました。
なんて女だと怒って
「あの女の人」が誰なのかを何度も聞いてこられましたが、
「それは…言えません。もう済んだ話しを気にしている私の方が可笑しいんですから」
「今までご近所で良くして頂いて本当にありがとうございましたね…。」
と、更にマヤって帰りました。
「あの女の人」のお話しは広めてくれそうですし、
誰なのかも聞いて回られるでしょう。
ご近所は仲良しママさん達のご自宅やご実家がいっぱいなのに。
バカ女の旦那にもラリお手紙、堕○同意書、エコー写真をお返ししたので
聞いて回らなくてもそのうち誰だかもすくに分かるのに。
バカ女の旦那とは、
ママさんのご主人にセッティングをしてもらって会いました。
「もう十数年も前のお話しですし、
貴方たちがご結婚される数年前のお話しですけど…
貴方の奥様が私の主人と別れる時に、
主人に返しておいて欲しいと私にくれたものです。
この度、私たち夫婦も別れる事になりましたので、
今度は貴方から奥様へお返しください。
それと、私達も離婚した事ですし、一生背負って生きるなんて
辛いでしょうからもう忘れて下さいとお伝えください。」
と、3点セットを添えて静かにお話ししてきました。
(上記の案と台詞を授けて下さった奥様ありがとう!バッチリ決めてきました)
ご主人最初はずいぶん動揺されていましたが、
バカ女にしてみれば独身で結婚前の事。
おまけに17年も前の話しなので
「そんな昔の物を今更…」とつぶやかれたので
ついでに、これまでのバカ女から私への挑発的な発言集を何個かお伝えして、
「だからどうしても、もしかしてこの子は?…今もまだ…」とつい疑ってしまう事。
「他人の振りをしてくれなかった奥様が済んだ事にしたくなかったのでは?」
と、ちょっとだけウルウルしてみたら謝ってくれました。
バカ女が私を挑発したくて言っていただけで、
旦那の子供じゃないとは思うけど
この際本当に旦那の子であった方が面白くなるのにな~と思っています。
ちなみにこの時、バカ女はご主人との交際期間中に、
うちの旦那と不輪していた事が判明しました。
うちの下の子と3歳違いのバカ女の娘の話しです。
(学年は2つ違い)
離婚の話をした時に、バカ女娘の事をそれとなく聞いてみたら
「ビ○チが絡んできてうざい」と言っていたので、
これ幸いと真相やバカ女の挑発発言、
もしかして父親は…という思いがある事、
たとえLINEやSNSでも、絶対に係わってほしく無いと伝えました。
早速LINEで
「俺が子供の頃、俺の親父とお前の母ちゃん浮気してたんだって」
「お前の母ちゃん俺の親父の子供降ろしてるし、俺とお前も兄弟かもしれないから無理」
と送って私に見せてくれました。
息子を可愛がり、バカ娘をけしかけるバカ女に、
息子が懐かないようにするのは大変でした。
「おばちゃ~ん」と駆け寄って来るバカ女の娘を蹴飛ばしたくなる衝動。
「おばちゃ~ん」と駆け寄って行く息子の頭を撫でながら私を見るバカ女の顔。
「帰ってパパと遊ぼうね~おばちゃんにバイバイは?」と笑顔で対抗する私。
外で出会えば良く話しかけてくれるやさしいおばちゃんは、
実は父親の不輪相手だった。
真実を知って「あのばばあキモい」と言っています。
あの女も近所に住むことになってしまったのは、
仕方のない事だったとも思います。
旦那だって悪かったんだし、
捨てられた不輪女は自分の家庭が大事なら小さくなって
いればそれですんだのに。
「夫の浮気は妻の恥」だと勘違いの我慢してきた私を
「旦那に不輪された可哀想な女」とバカにし続けたからこうなった。
バカ女の自業自得だと思います。
ラリお手紙とエコー写真は複数枚あったので、
他の原本を念のため持っています。
米青神的苦痛が長く続いたので、
米青神科に何度か通った時の診断書も残してあります。
いつかやってやろうと何度も何度も計画だけはしていたので…。
こんな物は脅しくらいにしかならないでしょうが、
「長年耐え続けて米青神を病んだ」可哀想な本妻さんなので、
頭がおかしくなっても仕方ないでしょう。
父親との思い出まで壊して息子まで使い、
女子高生や人の良いご近所の老人まで使い
徹底的にやってしまいました。
これで本当に黒い過去になりましたが、
道で見かけたバカ女を轢き○そうとしたり
バカ女の娘を川に突き落としてやろうとした事もありました。
人が近くに居て我に返ったけど、
頃されるよりはましだったと思ってもらいたいです。
今のところの分かっている反応は
ママさん達はほぼ真実が知れ渡っているみたいです。
兄弟姉妹がバカ女の子供達と同級生って方も沢山いるのでw
バカ女が家のピンポンを連打している姿を見かけたママさんがいて、
離婚と引っ越しを教えてあげると、
「私の事が嫌いだからって近所に嘘を広められてる」
と言っていたらしいですw
バカ女からはどこで聞いたのか、電話が掛かってきましたが
「あなたも私に主人とのお別れの挨拶したんだから、
私もあなたのご主人に旦那とのお別れの挨拶をしただけよ」
と言って着信拒否にしました。
ご主人の方は、あの時
「私も若い頃はご主人を誘惑して
仕返ししてやろうなんてバカな事も考えたりしたんですチラッ」
とやっておいたので確認と相談メールが何通か送られてきています。
(ご両親は「あの女の人」の正体をもう知っています)
DNA鑑定は決定事項みたいです。
私に同情的で「お詫びがしたい」らしいのでどうしようか考え中ですw
もちろんご主人の方とは会うつもりもありませんが、
離婚の決心は固いらしく
事実確認や協力の要請には答えてあげようかと思っています。
バカ女の娘は私の方が嘘をついていると聞かされて、
何度もしつこくまだ絡んできていましたが、
日付入りのバカ女とうちの旦那とのラ○ラ○写真を写メして
送ってからは静かになりました。
その後、バカ女は、自分に対する私の態度が微妙だったのは、
元旦那と同じ会社だった事で私が下種の勘繰りをして嫌っているからだと、
ママさん達に言っていたらしくて、
今まで私の事を誤解していたママさん達が居た事が判明しました。
でも、そのおかげで更に「バカ女さん酷い」と思われているとの事です。
バカ女は、私が離婚した理由の噂が広がる前に
「私さんが嘘を触れ回っている」と言って回っていたらしいのですが、
仲良しママさんの人望が厚いおかげで、バカ女の嘘はすぐにかき消されて、
バカ女の酷さが更に伝わる結果になっているらしいです。
DNA鑑定の結果、
娘はバカ女夫婦の子供だったそうです。(残念ながら)
バカ女は「酷い!」とファビョっていたそうですが、
学校行事なんかで、私達夫婦を見かけて
「〇〇さ~ん(元旦那の方)お久ぶりで~す」と駆け寄って来る姿は
バカ女の旦那本人も見ていましたし、
運動会の時にはわざわざ隣にシートを広げてきたので
一緒にお弁当も食べました。
バカ女の旦那からは
「運動会の時、確か僕の妻の方からご一緒しましょうって言いましたよね?」
と、確認の電話があったので
「・・・はい。周りの人も見ているのに、嫌ですなんて言える訳がないですよね…グスッ」
とやっておきましたし、
その時のバカ女は「〇〇さん、〇〇さん。」と元旦那に執拗に話しかけていたので
今更「悪気はなかった」は通用しなかったみたいですw
「酷いのはお前。自分は知らなかったからまだ良い。
私さんの気持ちを考えたらそんな事できるはずがない。
そんな女とこれ以上夫婦ではいられない」
と完全に私の味方をしてくれたそうですw
(「言ってやりましたよキリッ」と報告がありました)
もうじき離婚が成立するらしく、現在は一人実家へ帰っているそうです。
バカ女旦那からの呼び出しで、
元旦那とバカ女夫婦の3人で話し合いをしたそうです。
バカ女に彼氏(現バカ女旦那)がいた事を知らなかった私の元旦那が、
降ろした子供は自分の子供ではなかったんじゃないかと詰め寄ったら、
本当は現旦那の子だと言ったそうですが真相は分かりません。
騙されていた男同士はお互いに恨みはないそうです。(何だそれ)
バカ女は、娘や義両親とあまり仲が良くなかったらしく、
今回の事で総スカンらしいです。
嫌がらせについては、腹いせに離婚させようとしたけど、
ビクともしなかったから意地になっただけ。
私がバカ女に
「産後であまり主人の相手がしてあげられないからって、
あなたに酷い事してごめんなさい。
あなたの体の事すらちゃんと考えてあげなかった主人が悪い」
と、遠回しに旦那の肉○器乙と言った事が許せなかったからだそうです。
私もその後、腹いせで肉○器に成り下がったので
今はもうあの時の台詞は言えません。
元旦那はあの時降ろした子供は、
本当は自分の子供ではなかったという事で、
自分は無実の罪を背負っていたと思ったのか、
私に復縁を迫ってきています。
まさか、本当に離婚届を出すとも思っていなかったとも言っていました。
「俺が浮気しなかったらお前だってしなかった。俺は許すよ。
だからお互い昔の事をいつまでも引きずらずに、
これまでみたいに夫婦としてやっていこう」
と電話がありましたが、
「結婚生活という昔の事をいつまでも気にする方が可笑しい」
ので、忘れるように言いました。
上の子の最初の運動会でバカ女からの襲撃を受け、
一緒にお弁当を食べる羽目になった元旦那が、
その後一切学校行事に出なくなった事や、
バカ女に笑顔で応戦している私を見て、
今は仲が良いんだと思っていた人とは無理でなんです。
バカ女娘の方はしばらくおとなしかったのですが、
何故かジュリエット気分で、
お互いの両親達に引き裂かれた恋、
本当は兄弟だという禁断の恋に一人燃えて、
息子にアタックし始めたようです。
DNA鑑定の結果が分かってからは、
「兄弟だから無理」は通用しなくなり
これでもう禁断の恋じゃなくなったと、
グイグイくるようになったと言っていました。
飛行機の距離ですし、
幸い息子の方は嫌っているので安心ですが目障りです。
最後に3年前に亡くなった超良トメさんの事を書かせて下さい。(ウト鬼籍)
バカ女の旦那実家とは、ご近所でトメさんも仲が良かったから、
バカ女の事は隠し通しました。
「一緒に居てくれてありがとうね。楽しかったよ。」
と言って亡くなりました。
3歳と1歳の子供を連れて出て行こうとした時、
ウトに泣かされてきたトメさんは、土下座までしてくれて
「今はまだ子供が小さすぎる。ここを無料の託児所、
私を無料の家政婦だと思って働いてお金を貯めなさい。
お金が貯まるまでの間に息子がタヒぬような事があれば
遺族年金だって手に入るんだから」
そう言ってトメさんは仕事を辞めて専業主婦になり、
「持っていたら生活のために使ってしまう。あなたのお給料は使う必要ないから」
と私の通帳を預かり、3年前に亡くなるまでの間に、
私の通帳には2000万円貯まっていました。(トメさんのお金も足してあった)
時々「これだけ貯まったよ」と見せてくれましたが
「まだ、出ていけそうにないねw」
と冗談を言って過ごしてきました。
トメさんは私のためだけではなく、
元旦那のためにも貯金をしてくれていたと思います。
そのお金を旦那に知らせず持ち逃げしました。
旦那には退職金があるし、家も土地もあるから許してトメさん。
トメさんの事を思うと良心が痛むので墓場に埋めに来ました。
まとめ切らずに長くなってすみません。聞いてくれてありがとう。