長男「あんたは母さんと次男にしかいばれない、もういらない」←嫁と息子たちが出て行って別居。俺は父親としての務めを果たしてきたのに。

高校生の息子に、いきなり
「あんた(俺)は母さんと次男にしかいばれない男。
これからは俺が守るから、母さんと次男はもっと自由になっていい」
と言われました。
それから、俺が何を言っても長男が怒鳴ってきて話にならない。
そんなことが続き、ついに別居です。
どうしたらいいのかわかりません。家族に戻ってきてほしい。
寿命を削って働いてきたのも、すべて家族のためだったのに。
家族のために辛い労働にも耐え、
上司に怒鳴られ泣きながら仕事をしてきました。
>で、いばってたわけ?
いばってはない。
身に覚えがないというか、家族とはあまり話さなかった
>良かったじゃないか。そのまま同居してたらいつか息子に殴られる。
戻ってきてほしい。なんのために働いていたのかわかりません。
>押し付けられた理不尽を、
>家庭に持ち帰り家族にぶつけるしか出来なかった。
不満を家族にぶつけていたつもりはありません。
自分なりに育児にも参加し、子どもたちの躾もきちんとしてきた。
懸命に働いて何不自由ない暮らしをさせてきました。
>無意識のうちに家族相手にストレス解消してたんじゃね?
>こういうのって自分がどうしたっていうより相手がどうとるかだからさ
妻は精神的に弱い人で、次男はまだ小学生だから、
自分がしっかりしないと……とがんばってきました。
長男は昔から気が強く、中学生のときは不良になっていました。
それでも逃げずに仕事に、家庭のことにとがんばってきたのに……辛いです。
>不満をぶつける=妻子を殴る蹴る、酒乱、生活費渡さない
>この行動を指してると考えてるのかな。違うぞ。
では、どのような行為が「不満をぶつける」とは違うのですか?
わたしは精一杯やってきました。
>子供の躾とは?躾で嫁と意見が違った事はないか?
躾は、私が厳しく、妻が甘くという感じでした。
でもそれは、日本人の普通の父と母ではないでしょうか?
次男は背が低く、低学年のときはいじめられていたようです。
妻は転校させようとしましたが、
私は逃げ癖をつけるとよくないと思い、反対しました。
それがいけなかったのかもしれませんね。
>具体的に嫁さんはどう弱い?
弱いところは、すぐに泣く、寝込むなどです。
次男とは、彼がいじめられていたときに話し合いをしました。
からかいやいたずらなどに負けてほしくなかったからです。
言葉で躾をしました。
手を出したことは、長男が不良になったときに少しだけです。
暴言はありません。
>お前の頑張りは、まったく家族の誰にも
>「ありがとう!お父さん!」と喜ばれてないな。
しかし、私が働いて金を稼ぐから、家族が平和に暮らしていけたのです。
仕事をして経済的に家族を支えることは、感謝されることであるはずだし、
そうでなければならない。
妻は精神的に辛いことがあるとすぐに寝込んでしまいます。
結婚前は健康でしたので、精神の辛さが体にきているのだと思います。
ですが、体調が悪い妻を十分気遣えなかった私も悪いと思い、
それは反省します。
>>言葉で躾をしました
>このままではお前は人生に失敗する、落ちこぼれて飢え死にする。
>そうなりたくないなら、俺が言うとおりに性格を直せ、と押し付けただけ。
>そんな気がする。
私はエリートでもなんでもないので、そんなことは言いません。言えない。
ただ、長男が不良だったので
「高校にも行けないのなら人生終わる。ニートになるのがおちだ」という
言いかたはしましたが……それは反省しています。
妻が泣くのは、たいていは次男のことですね。
次男は現在引きこもりなので。
ただ、次男は大人しく不良にはなりそうにないので、
安心して彼が学校に行く日を待っています。
最初のほうは私も「いじめに負けるな」と言っていましたが、
今は「これも彼の生き方なんだ」と納得しています。
そういう意味では私も成長したのかもしれません。
ときおり妻と次男のことでしゃべっていましたが、
妻は「転校させたい」の一点張りでした。
それを私が反対し、妻が泣いて寝込む(不貞寝?)が一連の流れでした。
ただ、長男の見ていないところで行ってきたことですので、
長男がなんのことを言っていたのかはわかりません。
>いじめは自分が弱いから、負けるなというのは
>本人にしてみたら、そうとう追い込まれている状態なんだよね
>いじめに耐えてるだけでも相当頑張っているのに、
>あんたは「それ以上頑張れ」と言ってるんだよ。
ここのみなさんの話を黙って聞いていると、
たしかに私は頑固なオヤジかもしれません。
わたしは家族にも自分にも厳しいタイプなので、
それが家族にはきつかったのかもしれません。
相談してみて少しわかった気がします。
最近は妻の携帯に電話しても長男が出て、
「伝言するからしゃべって」と言われ、
かっとして通話を切ってばかりでした。
反省して、きちんと話そうと思います。
>家族に何と話を切り出すつもりなのか、
>ここで事前練習していけよ。添削してやるから。
次男のことを話そうと思います。
不登校と書きましたが、
今は妻の実家の近くのスリースクールに通っているそうです。
フリースクールなんて行ったら、まともな学校に行けなくなるぞ
と電話で行ったところ、その日のうちに長男が電車で飛んできて
「おっさん次男には何も言うな。そっとしておいてやれ」と言われました。
それから茶でも飲んでいけと誘ったのに、断られてしまいました。
ですので、次男についてはフリースクールに通って勉強がんばれ。
お父さんは応援しているということ。
妻には、今までありがとう、と感謝の気持ちを伝えます。
長男には、高校で勉強に、部活に、バイトにと大変だと思うけど
がんばれ、と伝えれたら伝えたいです。
>ところで、長男は「学校行かなければ駄目人間になるに決まってる」
>これについては、今でも自分の目のほうが正しいと思ってる?
ダメになるというのは言いすぎでした。
ただ、今は高校くらいは出るのが普通だと思います。
その考えはかわっていません。
でも長男が就職したいというのなら、それは応援したいです。
>頑固なんじゃなく客観的に自分が見えてなさそう
>自分が見えてないってか、これが正しい父親像!
>なるものが脳内にそびえ立っていて、その父親理想像を維持すること、
>自分の理想を完成させること、これが人生の最優先事項。
正直どうすればいいのか……途方に暮れています。
長男もほとんど話を聞いてくれないし。
離婚はしたくありません。
家族のために働いてきました。
私のように不器用な男は、働くことで家族を幸せにするしかないと思います。
結局長男は高校に通っているし、どうなんでしょうか。
母と弟を守る俺、みたいに陶酔しているのかもしれませんね。
>軽々しく応援という言葉を口にするが、意味をわかって言っているか?
>俺達の人生に最大の応援は離婚だと言われたら受け入れられるか?
具体的にどう、と言われ、考え込んでしまいました。
どう助けるべきなんでしょう。
わたしは、男なら自分の力でがんばれと言われてきましたし、
その通りだと思います。
ただ、決して私は子どもたちのすることに反対はしないでしょう。
彼らを信じようと思います。
>陶酔してるのはおまえだろ
しかし、長男も結局は私の給料で生活していたわけですし。
まだ未成年で養う力がないのに、母と弟を守るとは大口を叩いたと思います。
不良時代も私には偉そうにしていたけど、結局は私に養われていました。
>言い過ぎた、俺はお前に人生切り開く力が眠っていることを信じている、
>お前が駄目人間だと一方的に決め付けた、お父さんの見方が間違っていた。
>こういう風に、息子に訂正しようとはしないんだね。なんで?
ではそのように長男には伝えます。
彼も頑固なやつで、そういう意味で私と彼は似ているんですね。
そして、次男は妻に似ています。
父も頑固オヤジでしたが、あの当時はそんなオヤジばっかりでしたよ。
今の時代は父親の権力がなくなりました。
みなさん貴重なご意見をありがとうございました。
みなさんの意見を糧に、私も成長して、
家族が戻ってきてくれるように勤めたいと思います。
私の甘さもわかりましたし、
とりあえずは長男に過去の私の発言を謝ろうと思います。
こんな私のためにありがとうございました。
>昭和の頑固親父をなめるな。
>本物の昭和の頑固親父は、
>自分にきびしく家族にきびしく家族に愛情がある。
私は家族に思いやりを持っていました。
根が不器用なもので、きちんと言葉にでてきませんでしたが、
愛情があってこその厳しさでした。
叩かれるのを承知で相談したのも、そのためです。
ですが、私の口下手で家族に伝わりませんでした……それが辛いのです。
家で一人でいると辛い。何も楽しいことがありません。
家族がいたから辛い仕事に耐えられたのです。
家族がこのまま離れ離れになるのなら、
退職してしまおうかとも思っています。
そうなる前に、なんとか修復して絆を取り戻したい。私は本気なのです。
長男には私の何が悪かったのか、一度ファックスをもらいました。
お母さんに美容院代を渡すと言って渡さない、話し合いから逃げている、
次男の小遣いを取り上げる(引きこもりには必要ない)、
次男の髪が長いとだらだら説教する、
などなど、たくさん書いてありました。
読んでいるうちに動悸が激しくなり、
指が震えてきて最後まで読むことができませんでした。
思い出しても胸が苦しくなります。
私は本当に情けないのです。
今日はもう、これ以上はスレを読まずに寝ようと思います。
ありがとうございました。
>約束は破る
>話し合いは逃げる癖に、自分の言いたいことだけはだらだら垂れ流す
>子供の金に手を出す
>これでよく自分はちゃんとした人間だと思えたもんだな
>しかもまた言い訳書いてるし
もう書きこまないようにしようと思っていましたが、
進展があったのでまたきてしまいました。
もうここしか吐き出せるところもないし。
昨日の反省をしっかり踏まえて、長男と話をしました。
良かった点と悪かった点がありました。
良かった点。
・家族の状況がわかったこと。
 →家族はアパートに移り住んだらしい。
  妻は介護の仕事につき、遅くまで働いている。
  次男はフリースクールに順調に通っている。
  どうやら友達もできたらしい。
  長男が妻にかわり、家の仕事をやっている。
・今回の一件で、長男が強くたくましく成長したこと。
悪かった点
・ファックスについて、辛くて読めなかった、
紙を見るのもしんどくて捨ててしまったことを正直に話しました。
あれは書いたのは長男だが、本当は次男が言ったことを書いたらしい。
次男は「お父さん最後まで読んでくれるといいね」と言っていたそうです。
可哀想なことをしたと思いました。
・長男に「最後のチャンスは二度も三度もありません」
と言われてしまいました。
・お父さんにできることはある? と聞いたら
「次男君をそっとしておいてあげてください」と言われました。
・前のようにお母さんに専業主婦をしてもらったほうが、
長男が楽になるのでは? の問いに
「今のほうがずっと楽です」と言われたことです。
電話を切ったあと、息切れがとまらず、わたしは倒れ込みました。
「もう終わりだ、もう終わりだ」とうわ言が出て、苦しくてたまらなかった。
家族がバラバラになってしまったことが一番辛いです。
次男はフリースクールを出たら、きっとまたいじめられるでしょう。
社会でもいじめられ、
家に引きこもって2chをやってすごす子どもになるでしょうね。
長男はしっかりしているので心配していませんが……。
妻にも悪いことをしてしまいました。
すべてわたしのせいです。反省しています。
誰しも、私と同じ立場になったことがないから言えるのです。
たとえば上の人たちは、
自分の息子がフリースクールに行ったらどう思いますか?
ずっとそのまま、温かいお湯につかっていてもいいと言いますか?
心を鬼して、普通の学校へ行け、苦境を乗り越えろと言いませんか?
私が言いたいのはそういうことです。
>「自分の考えが正しい」と凝り固まった結果が家族崩壊を招いたのに
>まだ、あるべき論に固執してるってのがね。。
>視野狭窄 >自分の見えてる部分がいかに狭いか。