俺「ただいまー」彼女「・・・」→家に帰っても返事がない。リビングに行くと何も着ないでソファで気絶してる彼女。横にはマッサージ機が転がっていた。

ある日、毎日のようにある残業がなく、
終業時間直後に退社する事が出来た。
久しぶりに外食でもと、同棲している婚約者の携帯へ電話をするも、
電源が入っていないようで掛からない。
ドジな彼女は、車に携帯を置き去りのまま部屋に戻ったり、
充電をし忘れて、電話が通じないという事がよくあったから、
どうせ今回もそうだろうと、しょうがなく部屋に戻った。
カバンから鍵を取り出し、鍵穴に差し込む。
右に捻るが手応えがなく、反射的に左に捻ったが鍵が開かない。
もう一度、右に捻るとガチャッと解錠された。
部屋の鍵もかけ忘れたのかと呆れながらドアを開け、部屋に入った。
玄関で靴を脱ぎ、「ただいまー」と呼びかけるが応答はない。
微かに何かのニオイが漂ってきた。夕飯の匂いかな?と思ったが、
まったく食欲をそそられないニオイだったのを覚えている。
何度呼んでも応答がないので、とりあえずリビングに入った。
いつものこの時間なら料理をしているはずだが、台所にも姿は見えない。
ふとソファへと視線を移すと、
昼寝用のタオルケットが人の形に膨らんでいる。
顔までタオルケットをしっかり被っているらしい。
冷蔵庫からお茶を取り出しコップに注ぐ。
「起きろー、飯食べに行くぞー」反応はない。
お茶を一口飲む。
「おーい、もう6時半だぞー」やはり起きない。
タオルケットは緩やかに上下している。
やはり寝ているようだ。
よく聞くと寝息も聞こえる。
お茶を飲み干しソファに近づくと、電マと携帯が転がっていた。
携帯は、やはり充電が切れていて、ディスプレイは真っ黒のままだった。
電マは一度使った事があるが、彼女には痛いらしく、
以来使用禁止のままクローゼットにしまってあったものだった。
アレでもしていて、疲れて寝てるんだろうと直感した。
彼女の思わぬ痴態を目の前に、若干だがブツに血液が集まり出した。
タオルケットを一気に剥ぎ取る。
彼女がゆっくりと目を覚ます。
一糸まとわぬ姿の彼女に、窓から入る夕日の赤が馴染んでいく。
「ただいま」
夕日を背にしたまま、彼女に告げる。
「あっ…あっ…あっ……何で?何で?」
動揺する彼女。辺りを見回している。
「ただいま」
もう一度、興奮を悟られないように、できるだけ抑揚を付けずに言う。
しばらくして、自分が全〇だと気付いた彼女が、
タオルケットを奪い取り体を隠す。
途端に溢れ出す涙。
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」
消え入りそうな声で繰り返す謝罪に、虚を突かれてしまった。
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」
なおも繰り返される謝罪。
夕飯が出来ていないことを謝っているのか?
それともアレでひとりでしていたこと?逡巡に果てに一言。
「何が?」
突き放したようなトーンの声に自分でも驚いた。
彼女は、ハッと顔を上げる。
双眸からはなおも涙がこぼれ続けている。
手で涙を拭おうと近づくと、瞬間、彼女は身を強張らせた。
想定外の拒絶に戸惑う。
「何で?」
拒絶されたショックに、この三文字を発するだけでいっぱいだった。
「だって……いつも残業で……二人で出掛ける事も減ったし……
私といるより仕事してた方が楽しそうだし……
ホントに結婚してやっていけるのかなって……」
嗚咽まじりに続ける彼女を、成す術もなく、ただ見つめていた。
「〇ッチもしてくれなくなったし……毎日遅いし……
きっと◯◯も……浮気してるんじゃないかって……」
きっと俺も浮気してる?……俺も?なんで『も』なんだ?
「あの……俺、浮気してないけど?」
意図せず口から出た言葉で、ようやく『も』の意味が分かった。
浮気されたんだ。
仕事頑張ってる最中に、もう少しで結婚だっていうのに。
勃起していたはずにアレはいつの間にか萎んでいて、
代わりに頭に血が昇り始めた。
ひとつ深呼吸。さて、どうしようか、と考えを巡らす。
携帯だ。携帯を見よう。電源が切れたまま放置されていた携帯を手に取る。
電源を入れてみるが、入らない。アダプタに繋げて電源を入れる。
不在着信20件、受信メール5件。相手は全て同じ女性名。
最新のメールを勝手に見る。
[頼むから電話に出て。お願いします。]
振り返り彼女を見る。先ほど感じた艶かしさはどこかに消え、
蒼白の顔が気持ち悪い。
続けてメールを見る。
[風呂?とりあえず電話して]
[携帯、何回もならしてんだけど。何してんの?]
文章の馴れ馴れしさと、男っぽい素っ気ない文字のみのメール。
「何これ」
彼女に問うわけでもなく、ひとりごちる。
「違うの!」何かを否定する彼女。
「何が?」似た言葉を繰り返す。
「だから……」
言葉に窮し、顔を伏せる彼女。
しばらくの沈黙。
外も薄暗くなり、携帯を片手にカーテンを閉めていると、
彼女の携帯が鳴った。
例の女性名がサブ画面に表示されている。
着信音は聞いた事の無い曲。
彼女を見ると、がくがくと震えている。電話に出てみた。
『もしもしぃ。やっと掛かったwなにしてたんだよ?』
チャラい男の声。
『もしもーし!あれ?掛かってるよな?もしもし?』
無言で電話を切る。彼女を見ると、怯え切った目でこっちを見ている。
「今のが相手?」
感情を押し殺した声に、ビクッとなる。
「今のが相手か?」
繰り返し同じ言葉を投げかける。
彼女は微かに頷く。
「呼べ」
携帯を投げ渡し、電話をかけさせる。
「俺がいる事は言うなよ」
マンガのように無言でコクコクと頷く。
携帯を操作し、電話をかける。
呼び出し音が2回鳴るか鳴らないかで相手は出た。
『もしもしぃ!なんで切るんだよ!』
相手は何故か怒っている。
「ごめん、携帯の調子悪くて」
オドオドと言い訳する彼女。
『あ、そうなの?それより、さっき大丈夫だった?』
「うん……大丈夫」
『いきなり気ぃ失うから、マジビビったよ!』
「うん、ごめん。もう大丈夫」
『それよか、電マよかったっしょ?』
「うん……あのさ」
『マジハンパなくイッてたもんな!』
「あのさ、今からウチ来れる?」
『今からぁ?したりねーの?w』
「来れない?来て欲しいんだけど」
『わーったよ!すぐ行くわ!』
「ありがとう…待ってるね」
『はいよー!全裸で待っとけよ!w』
相手の馬鹿男が無駄にデカイ声で、アホらしい会話を一部始終聞かされた。
沸々と沸き上がる怒りを彼女にぶつけたい衝動に駆られたが、
なんとか我慢する。
「じゃあ、説明して」
怒気を孕んだ声に彼女は怯え切っていた。
その馬鹿男は、友人の知人らしく、
友人とランチに行ったら偶然あったらしい。
最初は、三人で飯を食べたり、
カラオケに行って俺に対する愚痴や相談をしていた。
ある日、パーティルームがあるホテルに誘われて三人で入ったが、
友人が親に電話で呼び出され、
帰っていった後に【なんとなく】関係を持った。
してる最中に気絶したみたいで、そのまま放置されたらしい。
一通り聞き出し、靴をシューズボックスに入れ、
玄関近くの寝室で息を潜めて馬鹿男を待つ。
明かりを消した寝室で待っているうちに、何故か涙が止まらなくなった。
悔しくて、情けなくて。
何より俺を信頼して娘を預けてくれた彼女の両親に申し訳なかった。
リビングで彼女の携帯が鳴る。
「もしもし……うん……大丈夫、上がってきて」
おそらく『エントランスに着いたけど、部屋に行っていいのか』
みたいな事だろう。
程なくして部屋のチャイムが鳴った。
彼女がパタパタと小走りで玄関へ向かう。
鍵が開く音。ノブを捻る音。ドアが開く音。
この音は今も鮮明に覚えている。
そして下品な声。「おーいw服着てんじゃんw」
電話の声の主に間違いなかった。
「やめて」 彼女のたしなめる声。
俺が冗談で胸を揉んだりするとこう言われていたのを思い出した。
短い廊下を歩き、リビングのドアが開いた音が聞こえ、
俺は寝室から音を立てずに出る。
リビングからは、下品な声の笑い声が聞こえる。
さっきの電話で沸き上がった怒りが再燃する。
リビングのドアを開け、男の顔を見る。
大学の部活の後輩だった。
「あれぇ?◯◯さん、なんでいるんすかぁ?」
間の抜けた声の質問。
後輩を無視して、彼女に訊く。
「こいつ?」
こくりと頷く彼女。
「え?なんすか?意味分かんないっすよw」
頭の悪そうな声の感想。
彼女を指差し後輩に告げる。
「俺の婚約者」
後輩の顔が引きつる。
彼女は、少し嬉しそうな顔をした。
「ごめん、間違った。俺の元婚約者」
二人とも同じように顔が引きつった。
それから、明け方まで後輩を尋問。
供述内容は ほぼ一緒。
セ〇〇スしてる途中に「死んじゃう」と言いながら、
彼女が急に動かなくなったから、死んだと思って逃げたらしいが、
あとあと冷静に考えたらそんなはずもなく、
電話したりメールを送ってみたらしい。
彼氏の愚痴は聞いていたが、それが先輩だとは思わなかった。
「知らなかったんすよ!マジすいません!」
と土下座して来たが、その頃にはもう制裁は決めていた。
朝イチで上司に連絡し、休ませてもらい、
彼女と後輩を連れ彼女の実家へと向かった。
彼女の父親にも会社を休んでもらい、
ご両親に事の報告と、婚約を破棄したい旨を伝えた。
母親は、「一度くらいの過ちで…」と言っていたが、
それを聞いた父親に「お前にはその過ちがあるのか?」と問われ、
以降話し合いに参加しなかった。
その後、父親は力一杯座卓を殴り、
「◯◯くんにどんな不満があったんだ!」と怒鳴った。
ボソボソと思いついた理由を列挙する彼女に
テレビのリモコンが投げつけられ、タバコが投げつけられ、
湯のみを投げつけようとした時にしょうがなく制止した。
父親は、なおも敵意剥き出しで、彼女と後輩を睨みつけ
「◯◯くんにどう落とし前を付けるんだ!」
と凄み、完全に萎縮した彼女と後輩は、
長年連れ添った夫婦のように揃って土下座をした。
「では、仕事がありますので」と一言残し、車に乗り込んで部屋に戻った。
大学の後輩を総動員して、自分の荷物だけを全て貸し倉庫に移し、
その足で不動産屋に行き、部屋の解約をして、新居も見つけ、
会社の寮へと泊まった。
次の日、父親から連絡があり、顔中に青あざを刻まれた後輩が
委任状を片手に、彼女の荷物の引き取りと鍵の返却、
諸々の精算を行ったらしい。
とりあえず彼女の荷物は、後輩の実家へ運び込まれ、
娘は勘当したの事だった。
その後、自分の両親の元へ彼女の両親と彼女が謝罪に来て、
連絡の取れない俺にと、引越し資金+αを置いていった。
制裁の締めくくりに、大学の友人知人、会社の同僚、学外の知り合いなど、
彼女の交友関係全てに事の顛末を正しく伝えてもらった。
お陰で彼女と後輩は、泣く泣く結婚したらしい。
結婚式には、友人が一人も出席しなかった事も付け加えておく。
ちなみに、病的に痩せた俺を心配して、
助けてくれた女性と今年の初めに結婚した。
来年の春には三人家族になっている予定でもある。
馬鹿二人のその後はまさに転落人生
あっさり離婚したよ。DVが原因。
男→女じゃなく逆パターンで。
俺と付き合ってる時は、いい子だったけど、
泣きながら殴っては「あんた誘って来なければ!」だそうで。
元婚約者は知らんが、実家は、どっかに引っ越したよ。
結婚するに至ったのも、噂話のプレッシャーに耐えかねてだし。
後輩は、当時服屋の店員(バイト)
今は、俺の紹介した会社で無遅刻無欠勤で頑張ってる。
元婚約者の友人にも「協力者」として噂話の配役に加えたよ。
今はすげー幸せ。
いつ元婚約者の襲撃が……とも思うがw